フィリピン留学の奨学金と助成金

フィリピン留学では、助成金・奨学金制度を設けています。
そもそも助成金や奨学金というのは何かと言えば、学びたいと思っている学生たちに経済的な支援をおこなうというものです。
これは簡単に説明したのですが、フィリピン留学での助成金や奨学金の中には、返済義務がないものもあります。
そのため、留学を考えている方は、利用できるならした方が良いと言えるでしょう。

ただ、それぞれ団体や法人、学校によって違ってくるので、そこはしっかり確認してから決めた方が良いです。
それらの相談をしたい場合は、フィリピン留学エージェントに相談してみてください。
奨学金はもちろん、助成金のことに関しても教えてくれます。

メジャーなフィリピン留学の助成金・奨学金制度では、個人が5万円〜15万円前後となっており、団体だと100万円前後のものもあります。
個人で利用する人の場合が多いので、基本的には多くても数十万円程度だと思っておきましょう。
団体というのは、文字通り1つの団体が単位となっていて、まとまってフィリピン留学をする場合などに適用されるものが多いです。
基本的には個人での留学がメインとなるので、条件などに関してもしっかりと確認して利用するようにしてください。

条件に関してですが、特に決まっているエリアなどはないことが多く、フィリピンのいずれかの都市だと受けられる助成金・奨学金が多いです。
ただ、多くの場合はセブ島となるはずなので、そこは特に悩む必要もありません。

重要となるのは年齢です。
奨学金の場合は、基本的に15歳〜35歳の間で決められていることが多いです。
年齢を過ぎてしまうと奨学金が受けられなくなるため、年齢を確認してから申請するようにしてください。
助成金の場合は、1つの団体で10名以上での参加が必要など、人数にも条件があることが多いので、注意が必要となります。
また、期間も重要です。
個人で奨学金を受ける場合、最低でも3か月以上の留学が必要となる場合が一般的です。
数週間や1か月だけの留学であれば、奨学金が支給されないこともあるので注意してください。

ただ、ここで紹介したのはあくまでもエージェントの一例となります。
相談するところによっても違ってくるので、奨学金・助成金が整っているところから選んでみるというのも良いかもしれません。
そうすれば、よりフィリピン留学の費用を抑えて、積極的に学んでいくことができるでしょう。
留学を決めたら、しっかりと情報収集して計画を立てていってくださいね。

Comments are closed.